サンライズ出版からのお知らせ

2020年 2月 10日

『忘れぬうちに伝えたい湖北の伝統食・地産食 決定版』(編集・発行:湖北町食事文化研究会)が滋賀夕刊で紹介されました

 
▼郷土料理本「湖北の伝統食・地産食 決定版」を発行/肥田さんら、再発行望む声受け
 
 2007年に初版が発行され、再発行を望む声が根強かった郷土料理本「忘れぬうちに伝えたい湖北の伝統食・地産食 決定版」が湖北町食事文化研究会から発刊された。「小あゆの山椒煮」「焼きさばそうめん」「小豆ご飯」など地元の食材を使った料理104品を掲載し、研究会代表の肥田さん=湖北町伊部=は「若い人にはこの本を台所に置いてもらい、時々でいいので故郷の料理を作って自分の子ども達に伝えて欲しい」と話している。
……
 B5判変形、168ページ。オールカラー。2000部を発行。1650円(税込み)。肥田さん宅のほか、JR河毛駅売店、いわね書店、文泉堂、えきまちテラス長浜で販売している。問い合わせは肥田さん……へ。(滋賀夕刊2020/02/07
 

 

2020年 2月 10日

『明智光秀ゆかりの地を歩く』が栃木県下野市の「広報しもつけ」で紹介されました

 
▼今月のテーマ NHK大河ドラマ「麒麟がくる」
 
 今年の大河ドラマは明智光秀が主役。
 光秀の謎めいた前半生や、彼の生涯を中心に、戦国時代を駆け抜けた若き英傑達の運命の行き先が描かれています。
……
▽明智光秀ゆかりの地を歩く
 安土、亀岡、福知山。謎が多い明智光秀の生涯の足跡をたどります。たくさんの写真と解説で光秀ゆかりの地を散策してみませんか?(「広報しもつけ」2020年2月号)
 
ISBN978-4-88325-666-2
 

2020年 2月 07日

『忘れぬうちに伝えたい湖北の伝統食・地産食 決定版』(編集・発行:湖北町食事文化研究会)が中日新聞で紹介されました

 
▼郷土食104品を作って伝えて/「湖北の伝統食・地産食」決定版を発行/肥田さんら第3弾
……
 決定版の編集・発行を手掛けたのは、地元の主婦らでつくる「湖北町食事文化研究会」。地元産の食材を使った百四品の料理の作り方を、カラー写真やイラストとともに紹介した。
 決定版は、増補版に収録した料理や作り方を見直したり、写真を入れ替えたりしたほか、「ういろう」「打ち豆汁」「ビワマスの刺し身と煮付け」など十六品を追加したという。
……
 B5判変形、百六十八ページで、二千部を発行。定価は税込み千六百五十円。購入は「肥田さん宅」「JR河毛駅売店」「いわね書店」「文泉堂」「えきまちテラス長浜一階・特産品販売コーナー」の五カ所。……(中日新聞2020/02/06)
 

2020年 1月 30日

伴綾子著『メモリーⅡ 人生つなわたり』(非流通本)が滋賀報知新聞で紹介されました

 
▼ダンス・インストラクターの伴綾子さん/2冊目のエッセーを自費出版
……
 内容は、家族と過ごす日常や別れ、ダンスへの熱意、地元のサッカーチーム「MIOびわこ滋賀」の専属ダンスチームとしてハーフタイムにダンスを披露していること、2018年に同市芝原町の布引運動公園で行われたアイドルグループ「ももいろクローバーZ」のライブ「ももクロ春の一大事 in 東近江」でバックダンサーを務めたいきさつなどを等身大の筆致で描いている。
……
 書籍は四六判、196ページ。300部制作。希望者は伴さん(☎0748-23-1174)へ連絡すると、1000円(送料別)で購入できる。(滋賀報知新聞2020/01/30)
 

2020年 1月 29日

いかいゆり子著『近江の芭蕉 松尾芭蕉の世界を旅する』掲載句と句意などがスマホアプリ「俳句てふてふ」で連載中

 
▼アプリ「俳句てふてふ」吟行ツアー『五・七・五 湖国旅!』スタート
 
びわこビジターズビューロー×毎日新聞社×毎日新聞旅行
 
……びわこビジターズビューローでは、「俳句てふてふ」を使った滋賀の魅力発信にも取り組んでいきます。滋賀ゆかりの俳句を観光情報とともに投稿してアプリユーザーにPRするほか、その投稿をツイッターなどにシェアして多くの方に滋賀の魅力を伝えていきます。投稿句は、芭蕉らが近江(滋賀)を訪ねた際に詠んだものを中心に随時写真とともに投稿……(毎日新聞社プレスリリース
 
アプリ「俳句てふてふ」のダウンロードはこちら → https://www.tehutehu.com/
 

2020年 1月 29日

毎日新聞で石田弘子著『琵琶湖治水に命をかけた藤本太郎兵衛三代』(淡海文庫64)が紹介されました

 
▼江戸後期の「太郎兵衛三代」/琵琶湖治水の先人知って/郷土史家 石田さん 書籍出版/命がけで川ざらえ嘆願
 
 高島市の郷土史家、石田弘子さんが、江戸後期に琵琶湖畔の水害を減らそうと瀬田川の川ざらえに奔走した、深溝村(現・高島市新旭町深溝)の庄屋・太郎兵衛の3代、約半世紀にわたる労苦をまとめた書籍「琵琶湖治水に命をかけた 藤本太郎兵衛三代」を出版した。太郎兵衛の顕彰活動を続ける石田さんは「太郎兵衛は地元以外であまり知られていない。『治水の先覚者』であった偉大な先人の足跡を記録し、次世代に伝えたい」と語った。……(毎日新聞2020/01/29)
 
琵琶湖治水に命をかけた藤本太郎兵衛三代
ISBN978-4-88325-196-4
 

2020年 1月 28日

小社代表(日本自費出版ネットワーク副代表)らが出席した座談会「素晴らしき自費出版の世界」が月刊「グラフィックサービス」に掲載されました

 
▼楽しく仕事ができて著者から感謝される 素晴らしき自費出版の世界
 
ジャグラ×日本自費出版ネットワーク
 
 ネット社会の昨今、ブログやSNSでの自己表現は容易になりましたが、「自分のことを後世に残したい」「自分なりの表現や情報発信をしたい」という人は昔からおり、出版・印刷業界は「出版」という形で、それら需要に応えてきました。小ロットの文字もの印刷物を主力製品としていた軽印刷の流れを汲む私たちジャグラも、90年代半ばから組合の一事業として「自費出版」を支援し、その活動は「NPO法人日本自費出版ネットワーク」という形で現在に受け継がれています。現在、「自費出版」はプライベート出版という域を超え、社会問題を扱ったテーマのものも増えるなど、益々、その存在が注目されていますが、2020年の新年にあたり、改めてその存在意義を考えてみました。……(月刊「グラフィックサービス」2020年1月号、No.818
 

2020年 1月 25日

滋賀の文化誌「近江学」最新号(編集・発行:成安造形大学附属近江学研究所)などが京都新聞で紹介されました

 
▼湖国 河川の歴史紹介/成安造形大近江学研究所/文化誌発行 写真やエッセー
 
……巻頭の特集で、県内の全河川に小水力発電の設置可能エリアを示すなど、デザイン性の高い地図を掲載し、流域の資源や土地利用と川の関係が一目で分かるようにした。他に、瀬田橋の歴史や安曇川流域の「シコブチ」信仰、ビワマスの生態などを解説している。河川の魅力が伝わる写真や絵画も楽しめる。……
 
▼成安造形大 近江学研究所/湖国の文化資源の研究と発信/直感や感性 新たな発見/かるた作り 風土表す
 
……近江学研究所は2008年、「近江」を学ぶ初の専門研究機関として設立された。戦国時代などで重要な歴史の舞台であり、珍しい風習も残る湖国を深く知ることで、新しい創作物や価値観の発見につなげる狙いがある。毎年、「山」や「道」などのテーマを決め、研究所の教員や学生が地域を探訪し、成果を文化誌や公開講座などで発信している。……来年度のテーマは「祭」……(京都新聞2020/01/25)
 

2020年 1月 21日

なかいしげる著『琵琶湖疏水を歩く』(私家版)が京都新聞で紹介されました

 
▼8日で歩く琵琶湖疏水/大津の84歳 自費出版/散策路図自作、詳しく
 
……「県内では、大津から蹴上までの疏水しか知らない人が多い。もっと魅力を知ってもらいたく、沿線で見えたものを幅広くまとめた」と、17年から2年かけて仕上げた。
 A5判で128ページ。大津市の「大津運河」から京都市内の「山科運河」、「岡崎運河」、「鴨東運河、「濠川運河」などを詳細に説明し、8日間で完歩できる構成にした。自作の散策路図では、最寄り駅や疏水に架かる橋などを表記し、沿道で撮影した写真約100枚も添えた。
……200部を発行。1500円(送料込み)で販売する。問い合わせは中井さん……(京都新聞2020/01/21)
 

2020年 1月 20日

福島克彦著『明智光秀と近江・丹波 分国支配から「本能寺の変」へ』が、毎日新聞書評欄で小和田哲男氏による「この3冊」に選ばれました

 
▼今週の本棚 この3冊
明智光秀 小和田哲男・選
 
【1】図説 明智光秀(柴裕之編著/戎光祥出版/1980円)
【2】明智光秀と近江・丹波(福島克彦著/淡海文庫/1650円)
【3】信長家臣明智光秀(金子拓著/平凡社新書/924円)
 
 明智光秀を主人公とするNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の放送がはじまる。光秀といえば、誰もが本能寺の変を思いおこし、稀代の謀反人、果ては「主殺しの大悪人」のようないわれ方をされてきた。「そんな悪人を主人公にしていいのか」といった声があがってくるかもしれない。本当に悪人だったのか。ドラマを通して、正しい光秀像が浮かびあがり、それが多くの人の共通認識となることを期待している。

 いつものことながら、大河ドラマの主人公になる人物に関しての著作が書店に並び、光秀に関しても例外では……(毎日新聞2020/01/19
 
明智光秀と近江・丹波 分国支配から「本能寺の変」へ
ISBN978-4-88325-195-7
 

サンライズ出版イベントカレンダー

最近の10件

月別アーカイブ

ページの上部へ