ピックアップ情報

10 22

10/27(土)、28(日)の神保町ブックフェスティバルに出店します

10/27(土)、28(日)に東京神田神保町で行われる「神保町ブックフェスティバル」へ出店し、滋賀の歴史・文化・自然に関するレア本を特別価格で販売します。ご購入の方には滋賀県ゆかりの特製グッズ(数量限定・非売品)をプレゼント!
 
日時:2018年10月27日(土)10時30分~18時、10月28日(日)10時~18時
場所:すずらん通り・さくら通り(東京メトロ (…全文を読む)
 
10 22

滋賀の日本酒を愛する酔醸会編『滋賀酒 近江の酒蔵めぐり』が滋賀報知新聞で紹介されました

 
滋賀の日本酒を愛する酔醸会編『滋賀酒 近江の酒蔵めぐり』が滋賀報知新聞で紹介されました。
 
▼「滋賀酒」の今を訪ねた一冊
 
 大津市の日本酒ライター家鴨あひるさんらが県内の酒蔵を訪ねてまとめた日本酒ガイドブック「滋賀酒 近江の酒蔵めぐり」(サンライズ出版、2000円+税)が県内の主な書店で発売中。
……蔵の歴史や土地 (…全文を読む)
 
10 22

小和田哲男監修、岐阜県発行『必見!関ケ原』が中日新聞で紹介されました

 
小和田哲男監修、岐阜県発行『必見!関ケ原』が中日新聞で紹介されました。
 
▼関ケ原、自転車で攻めよ! 県が5コース考案、ガイドブックも販売
 
……より詳しい情報を求める観光客向けのガイドブックも作った。
 写真や古絵図、布陣図などをカラー刷りで紹介。静岡大の小和田哲男名誉教授の監修で、戦いに至る経緯や、東軍西軍の (…全文を読む)
 

社長・岩根順子のブログ 合羽所

武将といえば石田三成

発信力に乏しい、素材を生かし切れていないなどと、これまで滋賀 (…全文を読む)

専務・岩根治美のブログ 木綿屋おせん

『再考 ふなずしの歴史』が地方出版文化功労賞・奨励賞受賞

地方での出版活動を奨励する「ブックインとっとり」において、『 (…全文を読む)

キシダ式

「きょうはなんのひ?」ごっこ――たなと『あちらこちらぼくら』

●「きょうはなんのひ?」ごっこ――たなと『あちらこちらぼくら』 (…全文を読む)

社員のブログ

松本匡代著『石田三成の青春』が「club Keibun」(しがぎん経済文化センター)で紹介されました

  松本匡代著『石田三成の青春』が「club Keibun」(しがぎん経 (…全文を読む)

duet 

あなたの本を作りませんか

電子書籍で読むサンライズ出版の本

書店様へ

 


イチオシ!の書籍・グッズ

畑中 英二, 甲賀流忍者調査団 監修,
A5判 64ページ 並製
ISBN978-4-88325-638-9 C0021
発行年月:2018年03月

内容紹介

伊賀と比べて何かと地味な甲賀忍者。実は甲賀では目立つことを良しとしない横並びの関係を保っていたのです。また蔵に眠る古文書を調べてゆくと在宅のまま尾張藩に仕えていた忍者がいたこともわかってきました。戦国…

琵琶湖博物館ブックレット

タガメとゲンゴロウの仲間たち

市川 憲平
A5判 120ページ 並製
ISBN978-4-88325-634-1 C0345
発行年月:2018年03月

内容紹介

一昔前の農村では当たり前に近くの水田や池沼で見ることができたタガメとゲンゴロウの仲間たちは、現在では数が激減し、野外で出会うことも難しい昆虫となった。タガメのメスの卵塊破壊や「田のムカデ」とよばれる8…

近江旅の本

滋賀・びわ湖

淡海文化を育てる会 編, 辻村 耕司 撮影,
A5判 128ページ 並製
ISBN978-4-88325-629-7 C0326
発行年月:2018年03月

内容紹介

びわ湖を有する滋賀県の社寺や祭り、戦国武将や近江商人ゆかりの史跡、湖畔や源流の山々での人々の営みなどを、「水」「祈り」「暮らし」の観点から紹介する。日本遺産「琵琶湖とその水辺景観 祈りと暮らしの水遺産…

近江旅の本

滋賀酒

滋賀の日本酒を愛する酔醸会 編
A5判 128ページ 並製
ISBN978-4-88325-620-4 C0326
発行年月:2018年01月

内容紹介

名水と好適米、伝統の技で醸す滋賀の日本酒ガイドブックを12年ぶりに完全リニューアル。かくれ里や宿場町、湖畔にたたずむ酒蔵を訪ね、蔵元イチ押しの酒を味わう。肴にぴったり、珍味の取り寄せ情報も掲載した最新…

西野 麻知子 編, 秋山 道雄 編, 中島 拓男 編
B5 248ページ 並製
ISBN978-4-88325-624-2 C1045
発行年月:2017年10月

内容紹介

《帯より》
「大湖沼としての琵琶湖」と「沼地としての琵琶湖」をともに保全し続けなければ琵琶湖本来の自然環境の維持も管理もできない。2015年に国民的資産と法的に価値づけられた琵琶湖の保全と再生に確かな…

最新刊・グッズ

自費出版年鑑2018

NPO法人自費出版ネットワーク 企画, サンライズ出版 編,

詩画集 心の詩

山崎 昌伸

フォトエッセイ 旅のかなた

岡本 光夫

幕末彦根藩の側役 大久保小膳

大久保 治男

世界一変な火山

山本 睦徳

遊びの復権

奥田 援史, 炭谷 将史

琵琶湖はいつできた

里口 保文

湖の城・舟・湊

太田 浩司

邪馬台国と狗奴国の時代

千城 央

近代滋賀の教育人物史

滋賀県教育史研究会 編

近刊・グッズ

古琵琶湖の足跡化石を探る

岡村 喜明[2018年10月25日発売予定]

近世への扉を開いた羽柴秀吉

太田 浩司[2018年10月31日発売予定]

近江学 第11号

成安造形大学附属近江学研究所 編[2018年12月20日発売予定]

ページの上部へ