ピックアップ情報

5 27

松本匡代著『石田三成の青春』が「club Keibun」(しがぎん経済文化センター)で紹介されました

 
松本匡代著『石田三成の青春』が「club Keibun」(しがぎん経済文化センター)で紹介されました。松本さんへの2ページにわたるインタビュー記事をはじめ、「三成青春MAP」やサイン本プレゼントコーナーも掲載されています。
 
▼新たな歴史ヒーロー像誕生! 創作の意外な舞台裏
 
滋賀県文学祭特選の小説をツイッターに投稿、閲覧者からの (…全文を読む)
 
5 27

弟子吉治郎著『湖猫、波を奔る(うみねこ、なみをはしる)』が「club Keibun」(しがぎん経済文化センター)で紹介されました

 
弟子吉治郎著『湖猫、波を奔る(うみねこ、なみをはしる)』が「club Keibun」(しがぎん経済文化センター)で紹介されました。ご当地エンタメ小説特集のトップ記事です。
 
▼広大な琵琶湖は奇想天外!摩訶不思議!?
 
 テレビのプロデューサーでもある弟子吉治郎の『湖猫、波を奔る』は、琵琶湖に秘められた地質学的ロマンをふんだんに盛 (…全文を読む)
 
5 2

小社代表の寄稿「武将といえば石田三成」が京都新聞夕刊に掲載されました

 
小社代表の寄稿「武将といえば石田三成」が京都新聞に掲載されました。
 
▼現代のことば「武将といえば石田三成」
 
 発信力に乏しい、素材を生かしきれていないなどと、これまで滋賀県は情報発信がうまくないといわれてきた。ところが今年3月から県がユーチューブで配信している武将コマーシャル「石田三成」には100万回ビューという驚 (…全文を読む)
 

社長・岩根順子のブログ 合羽所

武将といえば石田三成

発信力に乏しい、素材を生かし切れていないなどと、これまで滋賀 (…全文を読む)

専務・岩根治美のブログ 木綿屋おせん

オニグルミとみどり豊のつながり

今年の秋の前半は栗に夢中だったのだが、秋といえばクルミも採り (…全文を読む)

キシダ式

彦根の呉服屋の後家――蓮實重彥「伯爵夫人」

 前回の続きとして書くと、2月末の日曜日に滋賀県立近代美術館 (…全文を読む)

社員のブログ

松本匡代著『石田三成の青春』が「club Keibun」(しがぎん経済文化センター)で紹介されました

  松本匡代著『石田三成の青春』が「club Keibun」(しがぎん経 (…全文を読む)

duet 

あなたの本を作りませんか

電子書籍で読むサンライズ出版の本

書店様へ

 


イチオシ!の書籍・グッズ

松本 匡代
四六判 352ページ 並製
ISBN978-4-88325-588-7 C0093
発行年月:2016年02月

内容紹介

戦国の知将・石田三成の若き日々。のちの天下人・豊臣秀吉や親友・大谷吉継との出会い、軍師・竹中半兵衛との関わり、本能寺の変の裏側、忍城水攻めの真相、三成襲撃事件に隠れた友情、吉継との関ヶ原への誓い、そし…

近江旅の本

信長が見た近江

大沼 芳幸
A5判 136ページ 並製
ISBN978-4-88325-582-5 C0326
発行年月:2015年11月

内容紹介

織田信長はなぜ近江に本拠を置いたのか。近江で目指したものは何だったのか。天下布武の足がかりをつかみ、それを具現化させた近江の地を、信長研究の一級資料『信長公記』の記述に沿って歩く。第1章「天下に向かっ…

文化財鑑賞ハンドブック監修会議 監修, 滋賀県教育委員会事務局文化財保護課 編集,
A5判 120ページ 並製
ISBN978-4-88325-546-7 C0071
発行年月:2015年02月

内容紹介

奈良・京都と並ぶ仏教文化財の宝庫、滋賀県の国宝・重要文化財を含む主要な仏像を、種類ごとにわかりやすく紹介したハンディーなカラーガイドブック。主要寺院の境内図も収録。

最新刊・グッズ

びわ湖・長浜のホトケたちⅡ

長浜市長浜城歴史博物館 編集

再考ふなずしの歴史

橋本 道範 編著者

段取り八分

吉田 巧

古代の近江

山尾 幸久

滋賀県で大切にすべき野生生物

滋賀県生きもの総合調査委員会 編

江戸時代 近江の商いと暮らし

青柳 周一 編著, 東 幸代 編著, 岩﨑 奈緒子 編著, 母利 美和 編著

世代をつなぐ竜王の祭り

武田 俊輔 編著, 滋賀県立大学式年大祭調査団

石田三成の青春

松本 匡代

電車と青春21文字のメッセージ2016

石坂線21駅の顔づくりグループ 編

広がる協働

岸田 眞代 編著

近刊・グッズ

石を投げるな

及川 弘[2016年07月30日発売予定]

ゾウがいたワニもいた琵琶湖のほとり

高橋 啓一[2016年08月10日発売予定]

湖と川の寄生虫たち

浦部 美佐子[2016年08月10日発売予定]

ページの上部へ