ピックアップ情報

8 16

朝日新聞で『長浜ものがたり大賞コレクション』(マンガ「石田三成の青春」掲載)が紹介されました

 
「石田三成の青春」(原作:松本匡代、漫画:もとむらえり)も掲載された『長浜ものがたり大賞コレクション』(編集・発行:「長浜ものがたり大賞」実行委員会、制作・発売:サンライズ出版)が朝日新聞で紹介されました。
 
▼入賞作が一冊に「長浜ものがたり大賞」(朝日新聞2017/08/16)
 
…大賞は、マンガなどポップカルチャーで「長浜 (…全文を読む)
 
8 7

『近江を愛した先人たちの言葉 ―人生の四季と向き合うヒント―』の著者・渕上清二さんが毎日新聞「湖国の人たち」欄で紹介されました

 
『近江を愛した先人たちの言葉』の著者・渕上清二さんが毎日新聞「湖国の人たち」欄で紹介されました。
 
▼「言葉」から知る郷土の先人/著名162人選び 執筆3年/「近江を愛した先人たちの言葉」著者/渕上清二さん(68)=守山市
 
◆たくさんの人、たくさんの言葉を載せていますね。
 
……さまざまな人に興味を持ってほしく (…全文を読む)
 
8 6

マンガ「石田三成の青春」も掲載された『長浜ものがたり大賞コレクション』が京都新聞で紹介されました

 
「石田三成の青春」(原作:松本匡代、漫画:もとむらえり)も掲載された『長浜ものがたり大賞コレクション』(編集・発行:「長浜ものがたり大賞」実行委員会、制作・発売:サンライズ出版)が京都新聞で紹介されました。
 
▼「長浜ものがたり」魅力満載/市公募の大賞作など30点収録 本に▽刊行された「長浜ものがたりコレクション」
 
…… (…全文を読む)
 

社長・岩根順子のブログ 合羽所

武将といえば石田三成

発信力に乏しい、素材を生かし切れていないなどと、これまで滋賀 (…全文を読む)

専務・岩根治美のブログ 木綿屋おせん

『再考 ふなずしの歴史』が地方出版文化功労賞・奨励賞受賞

地方での出版活動を奨励する「ブックインとっとり」において、『 (…全文を読む)

キシダ式

ナニワトモアレ、反緊縮――北田暁大・栗原裕一郎・後藤和智『現代ニッポン論壇事情 社会批評の30年史』

 北田暁大・栗原裕一郎・後藤和智『現代ニッポン論壇事情 社会 (…全文を読む)

社員のブログ

松本匡代著『石田三成の青春』が「club Keibun」(しがぎん経済文化センター)で紹介されました

  松本匡代著『石田三成の青春』が「club Keibun」(しがぎん経 (…全文を読む)

duet 

あなたの本を作りませんか

電子書籍で読むサンライズ出版の本

書店様へ

 


イチオシ!の書籍・グッズ

「長浜ものがたり大賞」実行委員会 編
A5判 384ページ 並製
ISBN978-4-88325-621-1 C0979
発行年月:2017年07月

内容紹介

エイリアンが人気観光地をめぐったり、現代にタイムスリップした戦国武将がご当地B級グルメを味わったり――。びわ湖の北、滋賀県長浜市を舞台にゆかりの人物が登場する「長浜ものがたり大賞」受賞作品(マンガ12…

江竜 喜之 編
A5判 128ページ 並製
ISBN978-4-88325-604-4 C0026
発行年月:2017年03月

内容紹介

旧街道歩きは健康ウォーキングを兼ねてということもあるようだが、近年ますます盛んになっている。それに向けたガイブックも多く作られているが、有名なスポットのみの案内や簡略な地図というものもあり、街道踏破を…

橋本 道範 編著者
四六判 340ページ 並製
ISBN978-4-88325-594-8 C0021
発行年月:2016年06月

内容紹介

日本最古のスシと言われているふなずし。でも本当にそうなのかという疑問を解くため、中世・近世のふなずしに関する文献をつぶさに調べた研究者達。それだけでは納得せず、アジアのナレズシ文化圏の論考から、現在の…

最新刊・グッズ

近江商人学入門 改訂版

末永 國紀

観光都市中心部の再構築

大橋 松貴

琵琶湖を巡る鉄道

清水 薫

長浜曳山祭の過去と現在

市川 秀之 編, 武田 俊輔 編,

織豊系城郭とは何か

村田 修三 監修, 城郭談話会 編,

近刊・グッズ

竹筬

今里 哲久, 合原 厚, 西尾 一三, 西尾 充代, 野村 千春[2017年08月31日発売予定]

ページの上部へ