ピックアップ情報

11 20

井上由理子著『近江の能 中世を旅する』と11/24の出版記念クルーズが京都新聞で紹介されました

 
▼美しい自然や豊かな宗教世界…/能が描く中世の近江 本に/大津の文筆家「芸能集約地感じて」
……
 取り上げたのは、現在も上演されている曲の中から、近江が舞台の15曲。老いた小野小町の追憶を描いた「関寺小町」や、白鬚明神がさまざまな神楽の秘曲を尽くして舞う「白鬚」などだ。あらすじや現代語での場面解説、登場人物が当時たどったと思われる街道 (…全文を読む)
 
11 18

11/24日、井上由理子著『近江の能 中世を旅する』出版記念、近江の地酒を味わう船旅「白鬚神社沖で舞う白拍子と著者トークショー with 和風弁当・和菓子」開催

 
近刊『近江の能 中世を旅する』著者・井上由理子さんによる講演や白鬚神社沖での白拍子舞、写真家・辻村耕司さんによる能ゆかりの地の写真上映・解説に加え、井上さんが厳選した能ゆかりの和菓子、びわ湖のめぐみのお弁当、『滋賀酒』著者・家鴨あひるさんの解説付きで滋賀の地酒も楽しめるクルーズです。小説『石田三成の青春』の松本匡代先生の乗船も決定しました (…全文を読む)
 
11 18

井上由理子著『近江の能 中世を旅する』と11/24の出版記念クルーズが毎日新聞で紹介されました

 
▼能で旅する中世/近江舞台に描く/井上さん、本出版
 
 大津市在住の文筆家、井上由理子さんが「近江の能―中世を旅する」を出版した。近江を舞台にした能15曲の演目を中心に能と旅の案内本となっている。……
 
 能は、道行(みちゆき)の段で風景や旅の様子が謡われ、「中世の名所旧跡のガイドを果たしている」と見立てる。近江は古来よ (…全文を読む)
 

社長・岩根順子のブログ 合羽所

武将といえば石田三成

発信力に乏しい、素材を生かし切れていないなどと、これまで滋賀 (…全文を読む)

専務・岩根治美のブログ 木綿屋おせん

『再考 ふなずしの歴史』が地方出版文化功労賞・奨励賞受賞

地方での出版活動を奨励する「ブックインとっとり」において、『 (…全文を読む)

キシダ式

ぬか喜びした話と驚いた話と失礼な話――田井郁久雄著『前川恒雄と滋賀県立図書館の時代』

 その年のうちにアップしようと思いながら、年が越えてしまった (…全文を読む)

社員のブログ

松本匡代著『石田三成の青春』が「club Keibun」(しがぎん経済文化センター)で紹介されました

  松本匡代著『石田三成の青春』が「club Keibun」(しがぎん経 (…全文を読む)

duet 

あなたの本を作りませんか

電子書籍で読むサンライズ出版の本

書店様へ

 


イチオシ!の書籍・グッズ

サンライズ出版 編
B5 112ページ 並製
ISBN978-4-88325-666-2 C0026
発行年月:2019年10月

内容紹介

2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公・明智光秀は、出自や人生の終焉について多くの謎が残る。長年、逆臣の汚名を着せられつつも、他方では領民から慕われ、現在もその功績が顕彰されていることも事実であ…

新美 南吉 作, 西條 由紀夫 絵,
B5横 24ページ 上製
ISBN978-4-88325-662-4 C8793
発行年月:2019年07月

内容紹介

雪の降った翌日、神さまは子どもたちと遊ぼうと野っぱらにやってきました。すると調子にのってうっかりと神さまは顔を雪にうつしてしまったのです。さあ大変……。広い野っぱらや森で楽し気に遊ぶ子どもたちの笑顔や…

福島 克彦
B6判 188ページ 並製
ISBN978-4-88325-195-7 C0321
発行年月:2019年06月

内容紹介

織田信長を倒した武将・明智光秀はどのような人物だったのか。謎に包まれた人生を、残された文書から読み解き、近江・丹波の土豪たちとの関わりにふれながら、「本能寺の変」へと至った道をたどる。…

最新刊・グッズ

街道でめぐる滋賀の歴史遺産

滋賀県教育委員会事務局文化財保護課 編

長浜ものがたり大賞コレクション2

「長浜ものがたり大賞」実行委員会 編

自費出版年鑑2019

NPO法人自費出版ネットワーク 企画, サンライズ出版 編,

明智光秀ゆかりの地を歩く

サンライズ出版 編

食の歴史と病気そして未来

荒川 たまき

近刊・グッズ

近江の能

井上 由理子[2019年11月30日発売予定]

琵琶湖治水に命をかけた藤本太郎兵衛三代

石田 弘子[2019年12月05日発売予定]

シニアパッカー世界遺産の旅

山﨑 喜世雄, 村上 哲夫[2019年12月16日発売予定]

近江学 第12号

成安造形大学附属近江学研究所 編[2020年01月10日発売予定]

ページの上部へ