2019年 8月 23日

末永國紀著『近江商人学入門 CSRの源流「三方よし」 改訂版』の英訳書(出版文化産業振興財団)が京都新聞で紹介されました

 
▼末永同大名誉教授の「近江商人学入門」/英訳本 世界1000ヵ所に配る/三方よし「Three-way-Satisfaction」/「利益第一へのアンチテーゼ」
 
……英訳本化は内閣府の事業で、日本独自の芸術やタイの本などを翻訳し、各国の図書館などに配っている出版文化産業振興財団(東京都)が担った。
 タイトルは「THE STORY OF JAPAN’S OHMI MERCHANTS」。末永さんは、日本や滋賀の歴史や風土などを加筆し、訳者とともに英訳を検討した。……(京都新聞2019/08/23)
 

2019年 8月 20日

「図書目録2019」についてお詫びと訂正

 
現在お届けしております弊社の「図書目録2019」におきまして、以下の誤りがございました。
 
P.35『近江商人ってな~に?』
「品切れ」は誤りです。在庫はございます
 
同じくP.35『大阪の街道と道標〔改訂版〕』は、
マークがついておりませんが「品切れ」です。
 
以上、お詫びして訂正いたします。
 

2019年 8月 16日

福島克彦著『明智光秀と近江・丹波 分国支配から「本能寺の変」へ』が京都新聞で紹介されました

 
▼光秀の近江調略 過程を本に/大山崎歴史資料館長刊行/手紙読み解き人物像迫る
 
……「本能寺の変」については、光秀が直後に盟友の細川藤孝に宛てた手紙に「不慮」(細川文書)と書かれている点に着目。京都には当時、信長と嫡男信忠が至近距離で同時にいたことが謀反の引き金になったと分析し、「思わず光秀の反逆の意識を芽生えさせた」と結論づけた。……(京都新聞2019/08/14)
 

2019年 8月 10日

福島克彦著『明智光秀と近江・丹波 分国支配から「本能寺の変」へ』が滋賀報知新聞で紹介されました

 
▼淡海文庫「明智光秀と近江・丹波」が出版/光秀の素顔に迫る1冊
 
……多くの歴史ファンから関心を集める「光秀はなぜ信長を裏切ったか」について、福島館長は地理的要因について言及する。光秀の支配した国は、丹波と坂本であり、都を挟んで近い距離にあった。また、信長は多くの戦に向けて主要道の整備を進めていた。この都を挟んだ土地勘と軍道整備が、本能寺の変のきっかけではなかったかと論を展開している。……(滋賀報知新聞2019/07/01
 

2019年 8月 10日

夏季休業のお知らせ

 
小社は8/11(日)~15(木)を夏季休業とさせていただき、8/16(金)から通常営業いたします。
 
※休業期間中にいただいたご注文、お問い合わせに関しては、
 8/16(金)以降に対応させていただきます。
 ご不便をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

2019年 7月 30日

末永國紀著『近江商人学入門 CSRの源流「三方よし」 改訂版』の英訳書『The Story of Japan’s Ohmi Merchants:The Precept of Sanpo-yoshi』(出版文化産業振興財団)が中日新聞で紹介されました

 
▼近江商人魂 世界に紹介/同志社大・末永名誉教授の著書英訳/「三方よし」利益第一主義に警鐘
 
……末永名誉教授によると、「三方よし」は、これまで定まった英訳がなかった。今回は売り手、買い手、世間の社会満足をもたらすという意味を込めて「Three way Satisfaction(三方の満足)」と翻訳。末永名誉教授は「現代は利益第一主義が世界中にまん延している。近江商人には利益より永続を重視する経営理念があったということを、世界の研究者やビジネスマンに知ってもらえれば」と話す。……(中日新聞2019/07/30
 

2019年 7月 18日

吉田与志也著『信仰と建築の冒険 ヴォーリズと共鳴者たちの軌跡 』がキリスト新聞で紹介されました

 
▼若き伝道者として来日、大正・昭和前期の日本建築史を代表する一人となり、近江兄弟社創立の実業家としても大きな足跡を残したウィリアム・メレル・ヴォーリズ。その生涯と事績を知るうえで格好の一書が誕生した。本書は、ヴォーリズの生きた軌跡をその最大限に解像度を上げた筆致により網羅する優れた物語である一方、基礎となった資料・文献群の膨大さや巻末人名索引の充実度から、周辺領域における今後の通史的研究においても必読の書となることは間違いない。……(キリスト新聞2019/07/21
 

2019年 6月 10日

中井均編著『近江の山城を歩く』が京都新聞で紹介されました

 
▼近江の山城 70城紹介/中井均・県立大教授編/13年ぶり全面改訂し出版/最新の研究成果を反映
 
……概要図や写真も掲載し、各城を4ページで紹介。登城難易度や現地へのアクセス図も配した。中井教授は「本を片手に現地を訪れて、戦国人の工夫と知恵を感じてほしい」と話している
 A5判で304ページ。全国の主な書店で販売している。2376円。サンライス出版。(京都新聞2019/06/09)
 

2019年 6月 10日

中井均編著『近江の山城を歩く』が産経新聞で紹介されました

 
▼近江の山城歩いて/県立大教授ら ガイド本
 
 平成18年に刊行されて好評だった「近江の山城ベスト50を歩く」以降、中井教授が調査した巨大山城「男鬼入谷城(おおりにゅうだにじょう)」(多賀町・彦根市)など新たな研究成果を反映させ、現地の状況を示す写真、地図、遺構概要図を付けている。
 男鬼入谷城は尾根筋約300メートルにわたり、三重の堀切や廓跡などが階段状に残っている。山城の資料や伝承も残らず、県の分布調査(昭和55年)にも漏れていた。……(産経新聞2019/06/07)
 

2019年 6月 10日

中井均編著『近江の山城を歩く』が滋賀彦根新聞で紹介されました

 
▼県内70の城跡を紹介 本「近江の山城を歩く」発刊
 
 滋賀県内の70の城跡を紹介した本「近江の山城を歩く」が発刊された。
 県内には約1300の城跡が存在し、そのうち約400が山城だったとされる。2006年に本「近江の山城ベスト50を歩く」が刊行されたが、この13年間で新たに発見されたり、新たな機能が判明したりした城跡もあり、今回の新刊本に掲載された。……(滋賀彦根新聞2019/06/05
 

 

ページの上部へ