イチオシ!の書籍・グッズ

市川 秀之 編, 武田 俊輔 編,
四六判 294ページ 上製
ISBN978-4-88325-615-0 C1039
奥付の初版発行年月:2017年04月


淡海文庫

近江の古民家

石川 慎治
B6判 184ページ 並製
ISBN978-4-88325-184-1 C0352
奥付の初版発行年月:2017年04月

内容紹介

滋賀県は重要伝統的建造物群保存地区4つ、重要文化的景観を6つ有し京都や石川県と並ぶ数を誇る(2017年2月現在)。滋賀県に残るこうした伝統的な町なみは、多様な建造物で構成される。例えば屋根。茅、瓦、板…


村田 修三 監修, 城郭談話会 編,
B5 448ページ 並製
ISBN978-4-88325-605-1 C0021
奥付の初版発行年月:2017年04月

内容紹介

日本城郭史の中世から近世への転換を決定付けた織豊系城郭は、日本の城を語る上で最も重要な概念であることは言うを俟たない。学会で「織豊系城郭」の呼称とテーマが確立してほぼ30年、あらためて織豊系城郭の実体…


江竜 喜之 編
A5判 128ページ 並製
ISBN978-4-88325-604-4 C0026
奥付の初版発行年月:2017年03月

内容紹介

旧街道歩きは健康ウォーキングを兼ねてということもあるようだが、近年ますます盛んになっている。それに向けたガイブックも多く作られているが、有名なスポットのみの案内や簡略な地図というものもあり、街道踏破を…


滋賀県立大学曳山まつり調査チーム
B6判 224ページ 並製
ISBN978-4-88325-170-4 C0039
奥付の初版発行年月:2012年10月

内容紹介

日本三大山車祭の一つに数えられる長浜曳山祭(滋賀県長浜市)。狂言(子ども歌舞伎)やシャギリ(囃子)はどのように伝承されているのか。滋賀県立大生がその練習段階から密着、本番までの知られざる舞台裏をリポー…


最新刊・グッズ

近江商人学入門 改訂版

末永 國紀
[2017年06月15日発売]

観光都市中心部の再構築

大橋 松貴
[2017年06月10日発売]

琵琶湖を巡る鉄道

清水 薫
[2017年05月15日発売]

長浜曳山祭の過去と現在

市川 秀之 編, 武田 俊輔 編,
[2017年04月10日発売]

近江の古民家

石川 慎治
[2017年04月08日発売]

織豊系城郭とは何か

村田 修三 監修, 城郭談話会 編,
[2017年04月08日発売]

中山道道中案内 関ヶ原から三条大橋

江竜 喜之 編
[2017年03月08日発売]

地域共生論

滋賀県立大学地域共生論運営委員会 編
[2017年03月02日発売]

近江の埋もれ人

角 省三
[2017年02月27日発売]

泳ぐイノシシの時代

高橋 春成
[2017年02月10日発売]

近刊・グッズ

近江を愛した先人たちの言葉

渕上 清二 [2017年07月10日発売予定]

琵琶湖の漁業 いま・むかし

山根 猛 [2017年07月10日発売予定]

「日出づる国」の山と海

伊藤 通子 [2017年07月15日発売予定]

京近江の豪商列伝

京都新聞社 編著 [2017年07月15日発売予定]

 
 

書籍・グッズのピックアップ情報

淡海文化を育てる会
ページの上部へ