近江学 第10号

近江学 第10号

成安造形大学附属近江学研究所 編
AB 96ページ 並製
ISBN978-4-88325-633-4 C1402
奥付の初版発行年月:2017年12月
書店発売日:2017年12月20日
近日刊行予定
1800円+税

内容紹介

創刊第10号の区切りとなる今号の特集は「湖と生きる」。日本唯一の湖の中にある有人島「沖島」をはじめ、琵琶湖周辺の集落で営まれる暮らし、フナやコアユなどの漁と食文化の現状、琵琶湖を題材とした流行歌、絵画などの成立・創作過程などを紹介。

目次

琵琶湖を語る 木村至宏
水系としての湖 今森光彦
湖の国 近江 木村至宏
琵琶湖と人とのかかわり 仁連孝昭
琵琶湖の湖底遺跡 林博通
「湖島」沖島 鳥野茂治
湖辺の暮らし─伊庭集落─ 加藤賢治
菅浦─湖と生きる村を訪ねて─ 吉村俊昭
琵琶湖とフナと「ふなずし」と 橋本道範
琵琶湖の魚を食べる文化 大沼芳幸
おいさで漁─現代にも通じるコアユの伝統漁法─ 真下武久
琵琶湖を舞台にした名曲─「琵琶湖周航の歌」と「琵琶湖哀歌」─ 山本晃子
比良八荒の伝説 永江弘之
八ヶ崎神事 寿福滋
福田平八郎「漣」─画家のことば─ 小嵜善通
湖岸風景を描く─湖西 西久松吉雄
日本遺産滋賀・びわ湖フィールドサーヴェイプロジェクト「わたしの日本遺産」を探し出す試み


コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする

所属シリーズ・ジャンル

まちづくり・地域社会近刊近江学研究所紀要
ページの上部へ