ボク、ゴン太!

ボク、ゴン太! 父と奥山暮らし 朽木針畑郷より ゴン太通信

榊 始 写真・文
A5変 ページ 並製
ISBN978-4-88325-531-3 C0095
奥付の初版発行年月:2014年04月
書店発売日:2014年04月10日
在庫あり
1500円+税

内容紹介

今朝、ふと気づくと、サルの匂いがしている。小さい声で父に知らせる──ここは琵琶湖の北西部、朽木針畑郷。雪に埋もれる冬は薪ストーブを焚き、春は古木の大ザクラに見とれる。「ボク」こと柴犬のゴン太が山暮らしの日々を綴ったフォトエッセイ。


1件のコメント


  1. 愛犬ゴンタに注ぐ愛情の深さ、奥山の四季の風景の美しさ、どちらも逸品です。語り口からみるとゴンタ君は著者の分身でもありますね。
    これからも奥山の暮らしぶりを、風景を、その巧みなカメラワークで発信してもらいたい。
    毎日ブログで発信して記録しておくと、こんな素敵な本が出来るということがまた素晴らしい。

    コメント by 長崎のやまちゃん — 2014年4月20日 @ 5:23 PM

この投稿へのコメントの RSS フィード。

所属シリーズ・ジャンル

写真集・画集観光・紀行・山の本
ページの上部へ