明智光秀ゆかりの地を歩く

明智光秀ゆかりの地を歩く

サンライズ出版 編
B5 112ページ 並製
ISBN978-4-88325-666-2 C0026
奥付の初版発行年月:2019年10月
書店発売日:2019年10月18日
近日刊行予定
1500円+税

内容紹介

2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公・明智光秀は、出自や人生の終焉について多くの謎が残る。長年、逆臣の汚名を着せられつつも、他方では領民から慕われ、現在もその功績が顕彰されていることも事実である。正確な史料に基づいて、その足跡をたどる。

目次

プロローグ 明智光秀の足跡
信長家臣への道筋
 光秀の青年と出自
  光秀誕生の地の伝承がある「明智城」
  ◇ゆかりの地を歩く 愛知県
  ◇ゆかりの地を歩く 岐阜県
 もともとの主君は誰か
  コラム「越前朝倉遺跡」
 永禄9年高島郡田中城にいたか?
 比叡山攻撃の主将
織田家中で初の城持ち大名へ
 光秀と織田信長
 元亀争乱と光秀
 坂本築城
 坂本城の構造
 ◇ゆかりの地を歩く 滋賀県大津市坂本
 安土城築城
 安土城の構造
 天下人の安土城
 ◇ゆかりの地を歩く 滋賀県近江八幡市安土町
 信長の城郭政策
 光秀と西教寺
 コラム 光秀の墓所「西教寺」
坂本城主としての光秀
 湖西浅井勢力の掃討
 田中城の構造
 新発見の明智秀満文書
 坂本城の跡地
 坂本城主としての治世
 兼見小姓の逐電事件
丹波攻めと亀山城主としての姿
 丹波攻めの開始
 波多野秀春の離反
 亀山城築城から八上城攻め
 八上落城と丹波制圧
 信長の光秀評価
 コラム 福知山城
 ◇ゆかりの地を歩く 京都府福知山市
 ◇ゆかりの地を歩く 京都府亀岡市
本能寺の変への道
 光秀の軍法制定
 なぜ信長は殺されたか
 長曾我部元親の2通の書状
 信長と比光秀の背後
 本能寺での戦闘
 山崎の合戦へ
 光秀の死と秀満の逸話
 ◇ゆかりの地を歩く 長岡京市、京都市
細川ガラシャ邂逅
明智光秀関連年表

   

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする

所属シリーズ・ジャンル

中世史・近世史近刊
ページの上部へ