信長が見た近江

近江旅の本
信長が見た近江 『信長公記』を歩く

大沼 芳幸
A5判 136ページ 並製
ISBN978-4-88325-582-5 C0326
奥付の初版発行年月:2015年11月
書店発売日:2015年11月15日
在庫あり
2000円+税

内容紹介

織田信長はなぜ近江に本拠を置いたのか。近江で目指したものは何だったのか。天下布武の足がかりをつかみ、それを具現化させた近江の地を、信長研究の一級資料『信長公記』の記述に沿って歩く。第1章「天下に向かって走り出す」から第11章「信長神の神殿安土城」、エピローグ「もし、信長が天皇に勝ったら」まで、城跡や古戦場、神社仏閣などをオールカラーで紹介。巻末に近江での信長の動きを詳細に追った年表を付す。


コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

所属シリーズ・ジャンル

城・戦国史近江旅の本
ページの上部へ