神の木

神の木 日・韓・台の巨木・老樹信仰

李 春子
B5変 208ページ 並製
ISBN978-4-88325-458-3 C1039
奥付の初版発行年月:2011年12月
書店発売日:2011年12月10日
在庫あり
4000円+税

内容紹介

日本(滋賀・沖縄)、韓国(ソウル・慶州)、台湾(台中・新竹ほか)に今も受け継がれる樹木に対する信仰を調査、それぞれの歴史的背景や都市化による変容、現時点における課題などを考察。

目次

Ⅰ滋賀の野神信仰
Ⅱ沖縄の御嶽
Ⅲ韓国の鎮山と同山信仰
Ⅳ台湾の大樹公信仰
調査地一覧

著者プロフィール

李 春子(イ チュンジャ)

韓国・釜山生まれ。釜山女子大学修了、台湾大学卒業。京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了。博士論文は「東アジアにおける杜の信仰と持続」。現在関西大学・神戸女子大学講師。

   

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

所属シリーズ・ジャンル

郷土史・民俗文化
ページの上部へ