こんな本が作りたい


自分史・体験記

自分の歩いてきた道のりをふり返り、生きてきた記録を文章にする、自分史はまさに人生の報告書です。生い立ちから現在までをその時どきの社会背景と重ね合わせながら綴るのが一般的ですが、一生の中で最大のヤマ場といえる部分だけに照準を当てて書く場合(体験記)もあります。感じたままを素直に書くことが大切かもしれません

追悼集・遺稿集

親族の方や親しい友達が亡くなったあと、故人を偲んで追悼集をつくる方が増えています。また、遺品を整理する中で、故人が残していた随筆や絵、詩歌が見つかり遺稿集として出版される場合もあります。どちらも、故人への供養という思いが強く、一周忌や三回忌などの区切りに発行される場合が多いようです。

随筆・紀行文

日々の生活の中で起きる出来事や出会いを、あなたの感性で受けとめ、文章にする。随筆(エッセイ)は、このようにご自分の視点やスタンスのメッセージです。それは、非日常体験の旅の世界でもいえるのではないでしょうか。このように、紀行文や随筆は少し肩の力を抜いたご自身のメッセージとして人気があります。

句集・歌集・詩集・小説・絵本

句集・歌集・詩集は、自分の感性、メッセージが、一つひとつ選びぬかれた言葉に凝縮されたものです。フィクションの世界を構築してメッセージを伝える小説や絵本も同じことが言えると思います。このジャンルの本は、装丁に凝ったものが多く、著者の思い入れが造本にも反映されています。

記念誌・社史・団体史

10年、20年という区切りに、あるいは大きな節目となるような時、それにふさわしい記録を残そうと、記念誌や社史、団体史がつくられています。編集はチームによる共同編纂で作業が進められる場合が普通ですが、私どもが委託されて企画段階からお客様と相談しながらまとめていく場合もあります。

画集・写真集

気がついたらいつのまにかたまっている作品に、今一度光をあてたい、多くの人に見ていただきたい。画集、写真集は印刷という方法をとって、誰でもが簡単に作品に触れることを可能にしたものです。


Copyright (c) 2000, SUNRISE. All rights reserved.
ページの上部へ