原稿づくりのポイント


目次をつくって全体の構成を考える

全体の構成を考える場合、まず内容を大きく分けてみます。それが二つであったり五つであったりすると思います。さらにその中にポイントとなる項目があるはずですから、それを書き出してみましょう。大きな内容分類とその中にふくまれるポイントが一目瞭然となります。それに順番をつければ仮の目次ができます。あとは、目次にそって書くか、書きやすいところから始めてみるのも良いでしょう。またいろいろな類似本を見て参考にするのも良いでしょう。



自分史の場合は、まず自分の履歴を書いてみて、山あり谷ありの人生の流れをつかんで見ましょう。その中で、特にこの部分を書きたいと思ったなら、そこを集中的に書くのもよいでしょうし、歩いてきた足跡にそって書くのもよいでしょう。
また当時の世相、日本、世界の動きを調べてみると、さらに記憶もよみがえり、幅のある視野で書いていけると思います。

原稿のつくり方
原稿は、文字だけでなく写真や絵、地図など本に掲載する全てを指しています。原稿がわかりやすくできていますと、制作が大変スムーズに進みます。逆に不完全な原稿だと制作費用にはねかえることもありますので、最低限の約束ごとを守って、原稿を作りましょう。文章原稿は書きあげたけど内容に自信がない、チェックしてもらいたい。そんな時は遠慮なく申しつけください。費用がかかりますが、書き直し(リライト)もいたします。また、お忙しい方、身体の具合が悪い方など原稿がつくれない場合は、録音テープ起こしたり、直接話を聞きながら原稿をまとめあげることもできますのでご相談ください。

手書き原稿の場合~
同じ原稿用紙を使い、ひとますに一文字ずつ、わかりやすい文字で書くこと、これが基本です。あとから何べんも手を加えた場合は、読みやすく清書をしておいた方が良いでしょう。原稿用紙には通し番号をつけ、順番がだれにでも分かるようにしておきます。これで、文字原稿の総量がつかめ、最初の見積もりがほぼ正確なものになります。また、写真やイラストなどの挿入部分はわかりやすく指示をつけておきましょう。

デジタル原稿の場合~
ワープロ(ワードプロセッサー)やパソコン(パーソナルコンピューター)でつくったデータを原稿として使うことができます。
現在では文字をつくったり、版をつくったりする作業のほとんどがパソコンなどでつくったデジタルデータを利用しています。ですから自分でつくったデータも、問題なければすぐ印刷会社のコンピュータに移行することができるわけです。ところが、ワープロやパソコンの進歩が急速であることや、データとしての約束ごとなどが完全に守られていない場合が多く、すんなり移行されることがあまりありません。デジタルデータで入稿をお考えの時は、私どもと事前に打ち合わせをしてから原稿作成にかかるようにお願いいたします。



●テキストデータ(文字データのみ)にしておく
●フロッピーディスクやMOは必ず複製したものを渡す。
●データをプリントしたものをつける。
●使用したワープロ・パソコンの機種名、ソフト名を明記しておく。
●ファイル(登録文書)の一覧表をつけ該当文書が分かるようにしておく。

出力したものをそのまま版(版下)として使う

ワープロで出力されたものを、そのまま版(版下といいます)として使うことができます。組版、編集作業がなくなりますから、安く、早く本をつくることが可能です。上手に編集されたものでしたらプロ顔負けの立派な本ができます。この場合も私どもと事前に打ち合わせをしておくことが大切です。

写真やイラストが入る場合~
写真の入稿

本の中に写真が入る場合は、文字原稿と同様、写真原稿も整理された状態にしておく必要があります。原稿用紙に通し番号をつけたように、写真にも番号を付けます。(写1、写2・・・とかア、イ、ウとか)
その場合、写真の裏に付せん紙をつけて番号を記入してください。写真の裏に直接水性ペンで記入しますと写真を汚してしまいます。

写真は大きく分けてポジフィルム(スライド用と同種)、プリント(印画紙に焼いたもの)、ネガフィルム(印画紙に焼き付ける前の陰画フィルム)がありますが、印刷原稿としてはポジフィルムかプリントを使います。ネガフィルムはプリントにしてください。

カラー写真をカラー印刷する場合は、ポジフィルムが優れています。また、プリントは、絹仕上げではなく光沢仕上げにしてください。

一枚の写真を全部使うのか、一部分だけ使うのか指示をします。これをトリミングと言います。

トリミングの方法は、コピーを使って拡大や縮小して、必要な部分を線で囲む方法と、写真にトレーシングペーパーなどの半透明の紙をかぶせ、その紙に必要な部分を指示する方法があります。ボールペンで書き込むと写真に傷がつくことがありますので注意しましょう。柔らか目の赤鉛筆が良いでしょう。

イラスト・絵の入稿

写真と同じように整理して入稿しましょう。

イラストや絵の場合は、厚さがあったり、大きいものもあったりして取り扱いはさらに注意が必要です。製版作業上厚いものや大きいもの、凹凸のあるものは現物をそのまま使えず、写真撮影が必要な場合がありますので、入稿前に問い合わせてください。


Copyright (c) 2000, SUNRISE. All rights reserved.
ページの上部へ