1 お問い合わせ

 お電話、ファックス、電子メール(ページ右上のお問い合わせフォーム)でお問い合わせください。編集担当がご対応いたします。
   TEL 0749-22-0627
   FAX 0749-23-7720
 すでに原稿が完成している方だけでなく、執筆途中で質問したいという場合でもお気軽にどうぞ。
 直接お会いしてのご相談をご希望の場合は、打ち合わせの日時と場所(ご訪問・ご来社のどちらか)を調整いたします。

2 ご相談・打ち合わせ(無料)

 お見積もりに必要な、ご希望の本のイメージ、仕様(サイズ、部数、文字の大きさ、紙の種類、印刷・製本方法)、納品日、ご予算などをお聞きするとともに、入稿のための原稿の整理の仕方などをアドバイスいたします。
 打ち合わせの際に、ご希望の仕様の見本となる本をご持参いただけると助かります。

 ◆本に関する用語解説

3 お見積書の提出

 ご希望の仕様とご予算をもとに算出した概算見積書を送付いたします。
 一律の価格表はございません。ご予算にあった仕様、制作方法をご提案いたします。

4 出版契約書の締結

 見積書の金額に了解いただけた場合は、出版契約書を送付いたします。
 出版契約書を交わした時点で、前金として見積金額の2分の1を、納品後に残金を指定口座にご入金いただきます。

 ◆出版契約書(見本)

5 原稿の入稿

 できあがった文字原稿と写真類を当社へお送りください。
 パソコンで入力された文字原稿の場合は、原稿データをコピーしたUSBメモリ(もしくはCD)と、プリントアウトした原稿を当社担当ま>でお送りください。

 ◆文字原稿と写真原稿の整理の仕方
 A)パソコン入力のデータ原稿の場合
 B)手書き原稿の場合
 C)そのまま印刷する完全データ原稿の場合

6 組見本の提出

 入稿いただいた原稿の一部を使って組見本(くみみほん)を提出します。本文や見出しの文字の大きさ、写真の入れ方など、紙面の体裁が著者のご意向どおりかを確認いただくものです。指示のあった点を修正してから、本文全体の組版にとりかかります。

7 編集・組版・デザイン

 編集担当による入稿原稿のチェック(語句の統一など)の後、全ページの組版を制作部のオペレーターがおこないます。写真やイラストなども、この段階で挿入します。

8 校正・修正

 組版された本文の校正紙(ゲラ)を提出します。
 届いた校正紙をチェックしていただき、修正箇所を赤ペンでご記入のうえご返送ください。

 ◆校正の注意点

 一般に校正は2回おこなっていただき、1回目を「初校」、2回目を「再校」といいます。
 通常、再校ご提出の際に、装丁案(カバーもしくは表紙のデザイン案)を同封し、ご意見をうかがいます。
 必要があれば、3回目の「三校(念校)」もご提出します。
 校正が終わった状態を「校了」といいます。
 制作中に原稿の増減や仕様・部数の変更が生じた場合は、この段階で改めて正式な見積金額を提出します。

9 製版・印刷・製本

 校了後、本が完成するまでにかかる日数は、並製本の少部数の場合は10日、並製本の大部数と上製本の場合は20日が目安です。

10 納品

 完成した本を、ご希望の日時・場所にお届けします。制作費の残金を指定口座にお支払いください。

●希望先への献本の代行(有料)

 ご用意いただいた住所録を用いて、ご友人・知人等への献本にも対応させていただきます。お気軽にお申し出ください。

●国会図書館への納本の代行(無料)

 販売の有無にかかわらず、日本国内で頒布を目的として発行された出版物は、国立国会図書館への納本の義務があります。完成本2冊を小社より納本いたします。

●日本自費出版文化賞への応募

 募集期間:毎年11月1日〜翌年3月31日
 最終選考会:毎年9月

ページの上部へ