雨森芳洲と朝鮮通信使

雨森芳洲と朝鮮通信使 未来を照らす交流の遺産

長浜市長浜城歴史博物館 企画・編集, 高月観音の里歴史民俗資料館 企画・編集,
B5変 136ページ 並製
ISBN978-4-88325-578-8 C0021
奥付の初版発行年月:2015年09月
書店発売日:2015年09月10日
在庫あり
1800円+税

内容紹介

国交正常化50周年の今年、日本と韓国の共同提案の形で、「善隣交流の歴史〜朝鮮通信使に関する記録〜」をユネスコの記憶遺産に登録申請する取り組みが進められている。その登録リストの核となる重要文化財「雨森芳洲関係資料」を中心に、江戸時代に日本を訪れた外交使節団「朝鮮通信使」を描いた絵画、記録文書、遺品などをカラー写真で掲載。9月から10月にかけて、長浜市長浜城歴史博物館と高月観音の里歴史民俗資料館(ともに滋賀県長浜市)で開催される同名企画展の公式図録。


コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

所属シリーズ・ジャンル

中世史・近世史長浜城歴史博物館
ページの上部へ