中小企業が生きる道

中小企業が生きる道 もったいない・おかげさま・ほどほどに

森 建司
B6変 149ページ 並製
ISBN978-4-88325-576-4 C0034
奥付の初版発行年月:2015年07月
書店発売日:2015年08月10日
在庫あり
900円+税

内容紹介

中小企業が生き生きと輝いていく道とは? 「もったいない」「おかげさま」「ほどほどに」をキーワードに、持続可能な社会を実現するために取るべき道を説き、大企業には出来ない、中小企業ならではの経営理念を示す。

目次

第一部 私の中小企業人生
 序章 過去には感謝 現在には信頼 未来には希望
 第一章 過去に感謝 商人としての原点
 第二章 幸せに貢献する中小企業
 第三章 環境改善運動の実施
 第四章 生活者の意識改革を目的として循環型社会システム研究所を開設
第二部 中小企業が歩むべき道
 自己矛盾と向き合いつつ将来を思う
 第一章 次世代にどう継承していくか
 第二章 商いは絆から生まれる
 第三章 共生社会に欠かせない中小企業

前書きなど

■「M・O・H」(もう)って何?
 この「M・O・H」は「もったいない(Mottainai)、おかげさま(Okagesama)、ほどほどに(Hodohodoni)」のローマ字の頭文字をとったものです。
 大量生産でモノが有り余っている状況で、さらなる経済成長を目指している現代では、この「もったいない、おかげさま、ほどほどに」の言葉は死語になりかかっています。しかしこの「M・O・H」に代表される考え方を、社会倫理として再構築しなければ、この社会は長続きしない、つまり持続可能な社会にならないとの危機感から、私たちはこの考え方の普及を実践しようとしています。

著者プロフィール

森 建司(モリ ケンジ)

1936年滋賀県生まれ。現在同県長浜市在住。アグリビジネスカフェ座長。300年経営塾塾長。循環型社会システム研究所代表。


コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

所属シリーズ・ジャンル

まちづくり・地域社会
ページの上部へ