熊野古道伊勢路を歩く

熊野古道伊勢路を歩く 熊野参詣道伊勢路巡礼

伊藤 文彦
A5横 120ページ 並製
ISBN978-4-88325-569-6 C0026
奥付の初版発行年月:2015年06月
書店発売日:2015年06月25日
在庫あり
2000円+税

内容紹介

「お伊勢七度、熊野へ三度、愛宕さまへは月参り」。江戸時代、伊勢神宮参拝を終えた旅人が通った熊野三山への道の一部は世界遺産にも指定されている。全長約200㎞の道を詳細な地図と名所解説で構成した歩き旅人必携の本。これ一冊あれば迷わず歩ける現代版名所図会。

目次

聖地を結ぶ巡礼道
熊野古道伊勢路全体図
壱區 内宮から田丸をへて瀧原宮へ
①伊勢から田丸
②田丸から柳原橋
③柳原橋から坂瀬峠
④坂瀬峠から阿曽駅
弐區 荷坂峠から馬越峠をへて尾鷲へ
⑤阿曽駅から荷坂・ツヅラト分岐点
⑥荷坂・ツヅラト分岐点から加田石仏道標
⑦加田石仏道標から海山郷土資料館
⑧海山郷土資料館から民謡尾鷲節歌碑
参區 尾鷲から八鬼山を越え花の窟へ
⑨民謡尾鷲節歌碑から賀田羽根の五輪塔
⑩賀田羽根の五輪塔から西行松の跡
⑪西行松の跡から花の窟
四區 花の窟から本宮道をへて熊野本宮へ
⑫花の窟から阪本の亀石
⑬阪本の亀石から楊枝川集落の売店
⑭楊枝川集落の売店から伊勢路・中辺路合流点
 -紀伊山地の参詣道ルール-
⑮伊勢路・中辺路合流点から熊野本宮大社・湯の峰温泉
五區 熊野三山巡拝
⑯猪岩橋から新宮
⑰熊野川下り(下船場)から小狗子峠
⑱小狗子峠から那智の大滝
六區 花の窟から七里御浜沿いに熊野速玉大社へ
⑲花の窟から道の駅パーク七里御浜
⑳道の駅パーク七里御浜から熊野速玉大社
世界遺産「熊野参詣道伊勢路」の歴史と価値
旅支度あれこれ
計画の立て方
費用
プンニング例
持ち物
熊野古道伊勢路エリアへのアクセス
歩くときの注意点
沿道宿泊施設
観光情報を収集できる施設
周辺の祭り・イベント
索引

著者プロフィール

伊藤 文彦(イトウ フミヒコ)

1976年大阪生まれ。大阪大学文学部卒。学生時代はバックパッカーとして世界を巡る。2006年から三重県教育委員会文化財保護技師。2010~2012年世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の保護を担当、紀伊半島大水害からの復旧等に取り組む。2012年から「伊勢から熊野へ聖地巡礼歩き旅復活プロジェクト」を主宰、伊勢神宮から熊野三山まで熊野参詣道伊勢路を完全踏破し、講演会等で巡礼歩き旅の復活を訴える。2014年から筑波大学大学院世界遺産専攻在学中。三重県立斎宮歴史博物館勤務。好きな文化遺産は「ストーンヘンジ」「シルクロード」「和食」。


コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

所属シリーズ・ジャンル

街道観光・紀行・山の本
ページの上部へ