地域と語る大河ドラマ・時代劇

地域と語る大河ドラマ・時代劇 歴史都市彦根からの発信

大石 学 編, 時代考証学会 編,
A5判 256ページ 並製
ISBN978-4-88325-496-5 C0021
奥付の初版発行年月:2012年11月
書店発売日:2012年12月01日
在庫あり
2500円+税

内容紹介

NHK大河ドラマ第1作(『花の生涯』)の舞台・彦根で、佐野元彦氏(NHKエンタープライズ ドラマ番組エグゼクティブ・プロデューサー)、長塚京三氏(俳優)らを交え、地域と大河ドラマ・時代劇の関わりを論じた記録。

目次

第一部 時代考証学会第二回フォーラムin彦根
「地域と語る大河ドラマ・時代劇」 時代劇・大河ドラマと歴史的景観 ─ロケ地と文化遺産─   大石 学 地域から考える大河ドラマと時代考証   望月良親
大河ドラマは町になにを遺したか   太田浩司 彦根市の歴史遺産と「歴史まちづくり」   谷口 徹 映画・時代劇に潜む彦根   小島誠司
NHK時代劇の果たす役割   佐野元彦
わたしと時代劇   長塚京三

第二部 歴史資源を歴史資産へ ─地域の取り組み─ 石田三成復権プロジェクト   田附清子 彦根城の外に広がる観光資源   和田一繁 彦根歴史観光の可能性   杉原正樹 大河ドラマ博の成果と課題 ─観光まちづくりの現場から─   北川賀寿男 『どんつき瓦版』について   増田由季 “戦国キャラ”で地元の歴史再発見   やまもとひまり 新たな「歴史学習」の場をつくる ─「歴史手習塾」の誕生─   黒田秀子・御子柴泰子 大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」のロケから学んだもの   片山 昇 歴史ガイドツアー「彦根城~彦根城とロケ地を巡る~」に参加して   岩田愛加


1件のコメント


  1.  本日の中日新聞に紹介されていました。「花の生涯」以来たくさんの時代劇ロケが行われましたね。是非読んでみたいとと思っています。
     もう今年も終わりですね。たくさんの良書の出版ありがとございました。だいぶ冷え込んできました。健康には十分留意され来年も頑張ってください。貴社のまうますの発展を祈っています。

    コメント by 市川純雄 — 2012年12月12日 @ 10:31 AM

この投稿へのコメントの RSS フィード。

所属シリーズ・ジャンル

中世史・近世史
ページの上部へ