三重の山城ベスト50を歩く

三重の山城ベスト50を歩く

福井 健二 編著, 竹田 憲治 編著, 中井 均 編著
A5判 296ページ 並製
ISBN978-4-88325-482-8 C0021
奥付の初版発行年月:2012年09月
書店発売日:2012年09月23日
在庫あり
2000円+税

内容紹介

中世城館の宝庫である三重県旧4国。伊勢は国司であった北畠氏や北畠庶流の城郭、近江・京都・奈良の県境である伊賀には500の中世城館があった。戦国期、織田信長軍の侵攻により制圧されたが、地元研究グループにより長年調査研究が続けられている。今回も平城17城を含め、概要図、アクセス図付きで紹介。

   

3件のコメント


  1. ○○山城ベスト50シリーズの続編は、非常に待ちに待ったもので、今からワクワクしています。
    どしどしと他の地域についても、続編を出してほしいと思っています。
    (近江については、パート2もあってもいいのでは!)
    (個人的には、北陸地方にも足を延ばしてほしいなぁ~。)

    コメント by 闘将!刑部 — 2012年7月15日 @ 9:17 PM


  2. 闘将!刑部様
    お待たせいたしました。
    三重の次は長野に取り掛かります。
    今後ともよろしくご愛読の程、お願い申し上げます。

    コメント by 木綿屋おせん — 2012年7月27日 @ 4:57 PM


  3. この本の影響で、川東城館群や采女城跡へ行きました。
    前者は駅から無茶苦茶遠くて、後者は大規模な山城跡で大変でしたけれども、ともに堪能できました(^O^)

    コメント by 北近江人 — 2013年4月2日 @ 7:51 PM

この投稿へのコメントの RSS フィード。

所属シリーズ・ジャンル

城・戦国史
ページの上部へ