あったかいね永遠の学び舎

あったかいね永遠の学び舎 豊郷小学校物語

上坂 和美
A5判 128ページ 並製
ISBN978-4-88325-475-0 C8093
奥付の初版発行年月:2012年05月
書店発売日:2012年06月10日
在庫あり
1200円+税

内容紹介

滋賀県豊郷出身の近江商人「古川鉄治郎」は同郷の近江商人で伯父の伊藤忠兵衛のもとで商いを学びやがて丸紅の専務として商社経営を統括してきた。昭和のはじめ、郷里の豊郷で小学校建設が浮上すると、私財のほとんどを小学校の用地と建設費用に拠出することを申し出る。設計をヴォーリズに依頼し、国家の繁栄は教育にあるという鉄治郎の意志と教育の場にふさわしい建築を目指した二人の思いが結実した白亜の殿堂、東洋一の小学校と言われた豊郷小学校が完成する。校舎のみならず、厳選した施設や教材は、やがて豊郷小学校の教育の充実への向かい、児童教員そして地域の人たちが一体となった教育が行われたのであった。2002年には校舎解体をめぐって町が2分する騒動となったが、保存活動の展開によって校舎は修復された。一方、その後アニメ「けいおん」の聖地として注目され今や町のシンボル的な存在となっている。物語は、日本を愛し永住したヴォーリズと子どもたちのための本物の学校をつくった古川鉄治郎の思いを軸に小学校建設から現在までの経緯を子どもの視点で語りかけている。

   

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

所属シリーズ・ジャンル

児童書・民話・絵本・マンガ
ページの上部へ