京近江の豪商列伝

淡海文庫 58
京近江の豪商列伝

京都新聞社 編著
B6判 226ページ 並製
ISBN978-4-88325-186-5 C0321
奥付の初版発行年月:2017年07月
書店発売日:2017年07月15日
在庫あり
1500円+税

担当から一言

2002年5月から2003年5月まで京都新聞紙上にて同タイトルで掲載されたものを再掲。

内容紹介

豪商という言葉の響きは耳に心地よいが、そこへ達する道は狭く険しい。豪商となりえた男たちの努力や執念にはすさまじいものがある。豪商に共通することというと「始末してきばる」を徹底的に追及し、熱い志を持っていたことである。また、多くの豪商は高い倫理観をもって自らを律するとともに社会貢献も忘れなかった。江戸時代から明治時代までの豪商の経営哲学、理念は現代の経営者にとっても教訓とすべきところが多々ある。


コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

所属シリーズ・ジャンル

淡海文庫評伝・ノンフィクション近江商人
ページの上部へ