サンライズ出版からのお知らせ

2019年 4月 19日

5月11日(土)、大津市の西教寺で福島克彦著『明智光秀と近江・丹波』発刊記念講演会

 
5月11日(土)、大津市の西教寺で福島克彦著『明智光秀と近江・丹波』発刊記念講演会
 
2020年大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公・明智光秀の人生は謎に包まれているものの、残された170点に上る文書などから少しずつ人となりが明らかになりつつあります。『明智光秀と近江・丹波』の発刊を記念して、著者の福島克彦先生に、光秀ゆかりの西教寺で分かりやすくお話しいただきます。
 

2019年 4月 19日

4月21日(土)・22日(日)、地下鉄京都市役所駅前地下街での「京都ブックフェスティバル」に出店します

 
今年も「京都ブックフェスティバル」に出店し、話題の新刊やベストセラー本などを特別価格で販売します。
 期間:2019年4月20日(土)・21日(日)11:00~19:00
 場所:ゼスト御池特設会場(京都市営地下鉄東西線「京都市役所前駅」直結)
・京都・滋賀の出版社の本を期間限定で割引販売
・バーゲン本フェア
・トーク&サイン会
 

2019年 4月 19日

いかいゆり子著『近江の小倉百人一首』が中日新聞で紹介されました

 
▼県ゆかり29首を解説/湖南のいかいさんが近江の百人一首 出版
 
……歌とその意味、作者の解説などに加え、ゆかりの場所を紹介。近江神宮(大津市)にある天智天皇の和歌の歌碑や、あまり知られていない藤原定家の仮住まい跡(米原市)などを網羅する。作者やゆかりの人物の万葉集などに載った和歌も掲載し、その関連地も訪ねている。……(中日新聞2019/04/19)
 

2019年 4月 09日

日本経済新聞で『ビワコオオナマズの秘密を探る』の著者・前畑政善さんが紹介されました

 
日本経済新聞で『ビワコオオナマズの秘密を探る』の著者・前畑政善さんが紹介されました。
 
▼ナマズ産卵に心震わせ
琵琶湖で観察150回超、粘り続けて新発見
前畑政善
  
淡水魚調査の傍ら
 
夜もめげずに湖へ
 
30年の記録を本に
 

 

 

最近の10件

月別アーカイブ

ページの上部へ