2018年 11月 07日

太田浩司著『近世への扉を開いた羽柴秀吉 長浜城主としての偉業を読む』が産経新聞で紹介されました

 
▼秀吉の偉業と城下町「長浜」/長浜市歴史遺産課 太田さんが著書
 
……長浜城は戦国時代末期に秀吉が自身初の持ち城として築き、約10年間にわたって城主として過ごした。
 同書はその間、農村部に住んでいた武士と商工業者を集めて城下町をつくって兵農分離、商業の発展を図ったことや、田畑の面積と収量を測る「検地」、土地の価値を米の収穫高で示す「石高制」など、後に秀吉が天下人となって実施し、近世への転換点となった施策の原点が見られると指摘している。……(産経新聞2018/11/07)
 

 

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする

最近の10件

ページの上部へ